車屋が減っている?

| コメント(0) | トラックバック(0)

車業界も減っていますね。
昔は近所のあちこちにあった車屋さんも大分廃業に追い込まれてなくなってしまっています。

つい先日、久しぶりにあの車屋に見てもらうか。
ってことで車を出しに言って見たら、閉鎖の張り紙が入り口に張られてありました。
かなりショックでしたね。

車屋さんの言う話では、購入者が知識を蓄えてきているので、
商売にならないと言っていました。

個人オークションでの車の売買も盛んですので、
個人オークションの相場を持ってきて交渉する方が多いらしいのです。

個人オークションはリスクが高いのでその分安く変えますが、
この価格を車屋に適用してしまっては、車屋さんの方でほとんど利益はないでしょう。

このようにネットが盛んになってきて、店舗に人が呼べない。
知識を蓄えてきている。ということが廃業に陥る原因でもありますが、
一番の原因は車の品質の向上ですね。

ちょっと前までは車の平均寿命は10年や10万キロ走行と言われてきており、
それを目安に買い換える人が多かったです。

しかし、現在の車は品質が向上し、
平均寿命は13年にあがったと言われています。
修理して乗り続ける人が多くなったのも要因ですね。

車屋は整備よりも、車を売って利益を得るほうが、
格段に利益率が高いですし、専門的知識もあまりいらないので、
それがなくなったら自然と廃業に追い込まれる業者も多いでしょう。

確かに車屋は多すぎると思っていた次期もありましたが、
こうしてどんどん廃業していくと、寂しいものですね。

埼玉 車買取

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://giornalismointernet.com/mt-tb.cgi/5

コメントする